γ-グロブリン製剤

出典: meddic

γ-globulin preparation
免疫血清


予防に用いられているγ-グロブリン製剤

  • 細菌感染症
  • ウイルス感染症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児頸部腫脹の取り扱い
  • 片岡 真吾,川内 秀之
  • 頭頸部外科 20(2), 103-111, 2010
  • … 川崎病の症例は,抗菌薬投与で改善されず,γグロブリン製剤とステロイド薬の併用投与で治癒した。 …
  • NAID 130000421037
  • Gas-Containing Pericardial Abscess in a Type 2 Diabetic Patient
  • Ide Chiharu,Takeo Sadanori,Kawara Takemi,Morita Shigeki,Hiramatsu Shinsuke,Sakai Yoshiyuki,Yoshizumi Hideyuki,Ogo Atsushi,井手 千晴,竹尾 貞則,川良 武美,森田 茂樹,平松 真祐,坂井 義之,吉住 秀之,小河 淳,イデ チハル,タケオ サダノリ,カワラ タケミ,モリタ シゲキ,ヒラマツ シンスケ,サカイ ヨシユキ,ヨシズミ ヒデユキ,オゴウ アツシ
  • 福岡医学雑誌 100(3), 81-86, 2009-03-25
  • … The patient was then treated by continued administration of antibiotics and γ-globulin. …
  • NAID 120001309553

関連リンク

血漿分画製剤のいろいろ; 免疫グロブリン製剤; 免疫グロブリン製剤の適応. サイド メニュー. 血液製剤について: 血液について ... 「原発性免疫不全症」のうち、体内で 免疫グロブリンが全く作られない場合を「無ガンマグロブリン血症」と呼び、少ししか作 ...

関連画像

単クローン性免疫グロブリン血 γ-グロブリン製剤 - meddic γ 免疫グロブリンとしては最も量 ベロ毒素重症ならば γグロブリン製剤 同じ成分のγグロブリン製剤


★リンクテーブル★
関連記事グロブリン」「リン」「製剤」「」「ロブ

グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





製剤」

  [★]

(調剤)formulationpreparationdosage、(工業)drug product
製剤形態剤形処方準備調製投薬量投与量標品標本服用量プレッププレパラート薬用量用意用量製法


剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


ロブ」

  [★] ロキソプロフェン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡