β2-microglobulin

出典: meddic

β2ミクログロブリン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 慢性腎臓病と心不全 (特集 心腎貧血連関)
  • 大瀧 陽一郎,渡邉 哲
  • 循環器内科 74(5), 473-478, 2013-11
  • NAID 40019881636
  • Neuronal major histocompatibility complex class I molecules are implicated in the generation of asymmetries in hippocampal circuitry
  • Kawahara Aiko,Kurauchi Shotaro,Fukata Yuko,Martínez-Hernández José,Yagihashi Terumi,Itadani Yuya,Sho Rui,Kajiyama Taiichi,Shinzato Nao,Narusuye Kenji,Fukata Masaki,Luján Rafael,Shigemoto Ryuichi,Ito Isao,川原 愛子,倉内 翔太郎,深田 優子,八木橋 輝美,板谷 祐也,章 瑠依,梶山 泰一,新里 直,成末 憲治,深田 正紀,重本 隆一,伊藤 功,カワハラ アイコ,クラウチ ショウタロウ,フカタ ユウコ,ヤギハシ テルミ,イタダニ ユウヤ,ショウ ルイ,カジヤマ タイイチ,シンザト ナオ,ナルスエ ケンジ,フカタ マサキ,シゲモト リュウイチ,イトウ イサオ
  • The Journal of Physiology 591(19), 4777-4791, 2013-07-22
  • … To identify key regulators for generating asymmetries, we analysed the hippocampus of β2-microglobulin (β2m)–deficient mice lacking cell surface expression of major histocompatibility complex class I (MHCI). … We found that β2m proteins were localised in hippocampal synapses in wild-type mice. …
  • NAID 120005315161
  • The Monomer-Seed Interaction Mechanism in the Formation of the β2-Microglobulin Amyloid Fibril Clarified by Solution NMR Techniques

関連リンク

"β2-Microglobulin Signaling Blockade Inhibited Androgen Receptor Axis and Caused Apoptosis in Human Prostate Cancer Cells". Clin. Cancer Res. 14 (17): 5341–7. doi:10.1158/1078-0432.CCR-08-0793. PMC 3032570. PMID 18765525.
キーワード. 主要組織適合抗原 アミロイドーシス 腎尿細管機能 虚弱. 歴史とあらまし. 尿 中に排出される分子として知られていたが主要組織適合抗原HLAの構成成分である ことが明らかになり注目されている(Ref. 1)。β2mは分子量約11,800のポリペプチドで ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元β2ミクログロブリン」「BMG
関連記事microglobulin

β2ミクログロブリン」

  [★]

beta2 microglobulin, β2-microglobulin, β2-m, BMG, β2-MG
β2-ミクログロブリン
ミクログロブリン
  • すべての有核細胞の歳病表面に存在 (LAB.489)
  • HLA class I抗原のL鎖を構成 (LAB.489)
  • 基準範囲:0.8~2.0 mg/l(血清), 11-253μg/日/l (LAB.489)
  • 透析アミロイドーシスの原因となる。
  • 近位尿細管で99.9以上が再吸収され、異化される。血中には戻ってこない?。尿中には分泌されない。
  • 尿細管障害では尿中にβ2ミクログロブリンが出現するので、尿細管障害の指標となる。
  • 腎不全では血中BMG増加、尿細管障害では尿中BMG増加 (LAB.489)



BMG」

  [★]


microglobulin」

  [★]

ミクログロブリン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡