β2受容体刺激薬吸入療法

出典: meddic

β2-receptor stimulant inhalation therapy
β2刺激薬吸入療法 β2-stimulant inhalation therapy

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

使用中のβ2刺激薬で、上記の副作用が疑わしい症状のある人は、医師に相談してください。喘息のコントロールの最終目標は発作も薬の副作用もゼロにすることです。 内服を止めれば、副作用は消えますが、まったく使わないわけにも ...
一般的に使われる用語ではなく専門用語ですが、最近、吸入β2刺激薬(β2 Agonist)においてフルアゴ二スト、パーシャルアゴ二ストという言葉が使われるようになりました。 β2刺激薬を吸入すると多数あるβ2受容体(その数は状況に ...

関連画像

小児喘息の新ガイドライン2002  β2 刺激 薬 の 貼 付薬 貼る 薬場合 β 刺激 薬 ブリ カ アップロードファイル 201-4.gif小児喘息の新ガイドライン2002


★リンクテーブル★
関連記事受容体」「刺激薬」「刺激」「」「受容

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

刺激薬」

  [★]

agoniststimulantirritantstimulating agentirritant chemicalagonistic
アゴニスト作動薬作用物質作用薬刺激剤刺激的賦活薬主動筋受容体刺激薬刺激物質刺激物


刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激




法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡