β-ガラクトシダーゼ

出典: meddic

β-galactosidase, beta-galactosidase, beta-gal
β-D-galactosidase
オリザチームガランターゼラクチームカラシミーゼミルラクト
ガラクトシダーゼラクターゼ乳糖分解酵素



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/20 03:05:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 糖質素材の酵素生産に関する基盤的研究(受賞論文)
  • 中野 博文
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 5(1), 3-10, 2015-02-20
  • … またトレハラーゼ,α-グルコシダーゼ,グルコアミラーゼの縮合反応により2-デオキシグルコオリゴ糖を,β-ガラクトシダーゼ,β-フラクトシダーゼの縮合反応や転移反応でチオグルコシドを,それぞれ合成した。 …
  • NAID 110009912987
  • リソソーム病原因タンパク質β-ガラクトシダーゼの構造基盤
  • 清水 敏之
  • 薬学雑誌. 乙号 133(5), 509-517, 2013
  • … These diseases are caused by deficiencies in the lysosomal enzyme human β-D-galactosidase (h-β-GAL), which lead to accumulations of the h-β-GAL substrates, GM1 ganglioside and keratan sulfate due to mutations in the h-β-GAL gene. … H-β-GAL is an exoglycosidase that catalyzes the hydrolysis of terminal β-linked galactose residues. …
  • NAID 130003361944
  • カビ由来ラクターゼについて
  • 後藤 真孝
  • ミルクサイエンス = Milk science 61(3), 239-245, 2012-12
  • … これは乳製品に含まれる乳糖から引き起こされ,予防・改善法の一つに酵素補充療法となるラクターゼ(乳糖分解酵素,β-ガラクトシダーゼ)の服用がある。 …
  • NAID 120005579734

関連リンク

β-ガラクトシダーゼはLacZ遺伝子がコードするタンパク質で、レポーターアッセイのマーカーとして、あるいは、トランスフェクション効率のモニタリングやプロモーター/エンハンサー研究などの用途に広く用いられている。
β-D-ガラクトシダーゼをコードする大腸菌lacZ遺伝子は、組換え融合遺伝子発現の検出や哺乳類、酵母および細菌細胞のトランスフェクション効率のモニタリングのためのレポーター遺伝子として、広範囲に用いられています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 乳糖分解酵素剤

販売名

ミルラクト細粒50%

組成

成分・分量

  • 1g中
    β-ガラクトシダーゼ(ペニシリウム):0.5g(5000単位)

添加物

  • D-マンニトール、ヒドロキシプロピルセルロース

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 乳児の乳糖不耐により生じる消化不良の改善

一次性乳糖不耐症

二次性乳糖不耐症

  • 単一症候性下痢症、急性消化不良症、感冒性下痢症、白色便性下痢症、慢性下痢症、未熟児・新生児の下痢
  • 経管栄養食、経口流動食等摂取時の乳糖不耐により生じる下痢等の改善
  • 乳児の乳糖不耐により生じる消化不良の改善には、通常、1回0.25〜0.5g〔β-ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)として0.125〜0.25g〕を少量の水又はお湯(50℃以上にならないこと)で溶解し、哺乳時に経口投与する。
  • 経管栄養食、経口流動食等摂取時の乳糖不耐により生じる下痢等の改善には、通常、摂取乳糖量10gに対して1g〔β-ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)として0.5g〕を食餌と共に投与する。症状により増減する。
  • 本剤は50℃以上では酵素力価が低下するため、溶解温度に注意すること。

慎重投与

  • 本人又は両親、兄弟に蕁麻疹、気管支喘息、他の薬剤に対する過敏症、食物アレルギー等のみられる患者

重大な副作用

ショック

0.1%未満

  • ショック症状、四肢冷感、顔面蒼白、チアノーゼ、下痢、腹部膨満、嘔吐等があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には、直ちに投与を中止すること。
    なお、症状に応じて輸液、副腎皮質ホルモン剤の投与等適切な処置を行うこと。

薬効薬理

薬理作用

乳糖分解能試験

  • 調製ミルク、市販牛乳及び母乳にそれぞれの含有乳糖量の10%量のβ-ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)を添加し、乳糖分解率を測定した。4)in vitro
  • 至適pH4.5における37℃120分後、調製ミルク83.2%、市販牛乳87.3%であった。
  • 酸性pH域における37℃120分後、調製ミルク、牛乳及び母乳共にpH3.0では80%以上、pH6.0ではそれぞれ66.3%、63.1%、51.1%を示した。
  • イヌに牛乳と牛乳中の含有乳糖量の10%量のβ-ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)を同時に経口投与し、胃内のpH値、残存酵素活性及び乳糖分解率を測定した。投与後の胃内pHは上昇し、約6.0となり、60分後では5.0以上を示した。60分後、残存酵素活性は90%以上、乳糖分解率は50%以上を示した。4)
  • マウスに10%乳糖1mLとβ-ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)0.125g/kg、0.25g/kg、0.5g/kg、1g/kgを同時に経口投与し、投与30、45、60分後に小腸内の残存乳糖量を測定した。投与量の増加と共に明らかな残存乳糖量の減少が認められ、β-ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)の用量作用関係が明らかであった。5)

乳糖負荷試験

  • 胃切除後の成人乳糖不耐症患者17例6),7)及び生後5ヵ月から26ヵ月の乳児の乳糖不耐症患者5例2)に乳糖とβ-ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)を同時に経口投与した乳糖負荷試験において、乳糖の分解・吸収によると考えられる血中ブドウ糖値の有意な上昇が認められた。

作用機序

  • 消化管内の乳糖に作用し、乳糖のβ-D-ガラクトシド結合を加水分解してブドウ糖とガラクトースを生成する。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • β-ガラクトシダーゼ(ペニシリウム)[日局]
    β-Galactosidase(Penicillium)

化学名

  • β-D-Galactosidase

性状

  • 白色〜微黄白色の結晶性の粉末又は粉末である。
    水に混濁して溶け、エタノール(95)にほとんど溶けない。
    吸湿性である。


★リンクテーブル★
先読みラクチーム」「カラシミーゼ」「beta-galactosidase」「beta-gal
リンク元ラクターゼ」「乳糖分解酵素」「アスペルギルス産生ガラクトシダーゼ」「βガラクトシダーゼ」「ガランターゼ
拡張検索β-ガラクトシダーゼ・ノイラミニダーゼ欠乏症」「β-ガラクトシダーゼ遺伝子」「β-ガラクトシダーゼ欠損症」「GM1-β-ガラクトシダーゼ
関連記事シダ

ラクチーム」

  [★] β−ガラクトシダーゼ(アスペルギルス)

健胃消化剤


カラシミーゼ」

  [★] β−ガラクトシダーゼ(アスペルギルス)

健胃消化剤

beta-galactosidase」

  [★]

βガラクトシダーゼ

beta-gallactase


beta-gal」

  [★]

βガラクトシダーゼ

beta-galactosidase

ラクターゼ」

  [★]

lactase
乳糖分解酵素
β-ガラクトシダーゼβ-D-ガラクトシダーゼ



乳糖分解酵素」

  [★]

lactase
βガラクトシダーゼラクターゼβ-ガラクトシダーゼ


アスペルギルス産生ガラクトシダーゼ」

  [★]

aspergillus galactosidase
β-ガラクトシダーゼガラクトシダーゼ


βガラクトシダーゼ」

  [★] β-ガラクトシダーゼ


ガランターゼ」

  [★] β-ガラクトシダーゼ


β-ガラクトシダーゼ・ノイラミニダーゼ欠乏症」

  [★]

β-galactosidase-neuraminidase deficiency, combind β-galactosidaseand neuraminidase deficiency
ガラクトシアリドーシス galactosialidosis
ガラクトシダーゼ ノイラミニダーゼ


β-ガラクトシダーゼ遺伝子」

  [★]

β-galactosidase gene
レポーター遺伝子


β-ガラクトシダーゼ欠損症」

  [★] GM1ガングリオシドーシス


GM1-β-ガラクトシダーゼ」

  [★]

GM1-β-galactosidase


シダ」

  [★]

fern
シダ植物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡