β溶血毒

出典: meddic

β-hemolysin
温冷溶血 hot-cold hemolysis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Vibrio (Listonella) anguillarum の菌体外溶血毒素の精製およびその特性の予備的検討
  • 野村 節三,河原 栄二郎,岸田 佳則,加藤 良明
  • 魚病研究 33(4), 451-452, 1998-10-20
  •  Vibrio anguillarum の生産する2種の菌体外溶血毒素を培養上清から塩析法, イオン交換法およびゲル濾過法によって精製した。 本毒素は100℃でも安定で, 低温での失活毒素はフェノールによって回復した。 α-溶血毒素のサブユニットの分子量は79,60,21 KDa,β-溶血毒素のそれは50 KDa であった。 α-溶血毒素は糖質とリン酸を含み, 鉄イオンや酸性ホスファターゼなどによ …
  • NAID 10019212230

関連リンク

一部の植物に含まれるサポニンなど、界面活性作用を持つ生理活性成分には赤血球に 対しては溶血性を示すため細胞毒性を ... 溶血帯が狭い不完全溶血だが緑変をほとんど 認めないものを指す。β溶血素に類似するが活性が弱い溶血素を産生する菌などに見 ...
血液寒天培地上で培養するとβ溶血性を示し、またレンサ球菌の鑑別に用いられる ランスフィールド抗原分類ではA群に属する。 ... の一種であるが、GAS感染症(溶レン菌 感染症)と呼ばれる各種の化膿性疾患や、産生する毒素による全身性疾患、あるいは 感染 ...

関連画像

微生物之家--临床微生物工作者 ちなみに、本疾患は 5種感染症 惊!男童从这种病发展成脓毒血 短螺旋体周围的 清晰β-溶血 猩红热特征性体征 - 图片大全 微生物之家--临床微生物工作者


★リンクテーブル★
関連記事溶血」「

溶血」

  [★]

hemolysis, hematolysis
HELLP syndrome
溶血性疾患 see → OLM.125

溶血と臨床検査

  • 採血した血液の溶血により影響の大きい測定項目はLDHASTである。
  • しかしながら下表によれば、LDH、Fe、酸ホスファターゼ、カリウム、AST、ALTの順に影響が大きいとある。

血清と赤血球の生化学成分の濃度差

LAB.465
成分 単位 血漿 赤血球 赤血球/血漿
クレアチニン mg/dl 1.1 1.8 1.63636363636364
非タンパク性窒素 mg/dl 8 14.4 1.8
Mg mEq/l 2.2 5.5 2.5
非糖性還元物質 mg/dl 8 40 5
ALT IU/l 30 150 5
AST IU/l 25 500 20
カリウム mEq/l 1.1 100 90.9090909090909
酸性ホスファターゼ IU/l 3 200 66.6666666666667
Fe ug/dl 100 9700 97
LDH IU/l 360 58000 161.111111111111
アルギナーゼ IU/l trace 12 >1,000,000


毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡