βラクタム系抗菌薬

出典: meddic

β-lactam antibiotics, beta-lactam antibiotic
β-ラクタム化合物 β-lactam compound
抗菌薬


種類

特徴

  • 抗菌力が強い
  • 抗菌スペクトルが広い
  • 副作用が少ない

構造

  • β-lactam環を有する


副作用

  • アレルギー(過敏症)
  • 菌交代症(偽膜性大腸菌)
  • 腎障害
  • 肝障害
  • アンタビューズ様作用、ビタミンK代謝障害


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-256 抗緑膿菌活性を持つβ-ラクタム系抗菌薬のPK-PD理論に基づく血中濃度シミュレーション処方設計支援の検討(一般演題 ポスター発表,薬物動態・TDM・投与設計,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 實川 東洋,福田 恵子,柳下 照子,若松 孝嘉,日野 光紀,青山 隆彦,松本 宜明
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 432, 2010-10-25
  • NAID 110008109254
  • 歯周病関連細菌に対する sitafloxacin の抗菌力について
  • 穂坂 康朗,齋藤 淳,石原 和幸,中川 種昭
  • 日本歯周病学会会誌 52(3), 239-244, 2010-09-03
  • … 本研究では, 新規キノロン系抗菌薬であるsitafloxacinの歯周病関連細菌を含むバイオフィルム構成細菌16菌種29菌株に対する有効性について, βラクタム系抗菌薬, マクロライド系抗菌薬および他のニューキノロン系抗菌薬との比較検討を行った。 …
  • NAID 10027096432
  • 第2回日本化学療法学会分離菌感受性調査 (2007年度) における呼吸器感染症分離菌のβ-ラクタム系抗菌薬感受性に関する解析 : PK/PDブレイクポイントの観点から
  • 二木 芳人,河野 茂,渡辺 彰,青木 信樹
  • The Japanese journal of antibiotics 62(3), 203-213, 2009-06-25
  • NAID 10028254768

関連リンク

βラクタム系はβラクタム環を中核とする抗生物質である。サブクラスには,セファロスポ リン系およびセファマイシン系(セフェム系),カルバセフェム系(ロラカルベフ), ペニシリン系,クラブラン酸,カルバペネム系,およびモノバクタム系がある。全てのβ ラクタム系 ...
複合ペニシリン系薬. アンピシリン・クロキサシリン(ABPC/MCIPC ビクシリンS®). β ラクタマーゼ阻害剤配合ペニシリン系薬. アンピシリン・スルバクタム(ABPC/SBT ユナシン®); クラブラン酸・アモキシシリン(AMPC/CVA ...

関連画像

ラクタムの画像 p1_32抗菌薬感受性抗菌薬の画像 p1_28図-3 β-ラクタム系薬の基本 抗菌薬の画像 p1_23111104_thick_02


★リンクテーブル★
先読みβ-lactam antibiotics」「β-lactam compound
国試過去問104F028
リンク元セフタジジム」「腸球菌属」「セフォペラゾン」「セフトリアキソン」「ペニシリン系抗菌薬
関連記事抗菌薬」「」「抗菌」「ラクタム

β-lactam antibiotics」

  [★]

Cephalosporin(s) ; /3-Lactamase inhibitor(s) ; Penicillin(s)


β-lactam compound」

  [★] β-ラクタム化合物


104F028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 35歳の女性。発熱とを主訴に来院した。
  • 現病歴:  2週前から発熱と咳嗽とが出現し、日ごとに悪化している。
  • 既往歴:  特記すべきことはない。薬物アレルギー歴はない。
  • 家族歴:  特記すべきことはない。
  • 生活歴:  海外渡航歴はない。ペットは飼育していない。
  • 現症 :  意識は清明。身長 150cm、体重 54kg。体温 38.7℃。呼吸数 32/分。脈拍 108/分、整。血圧 80/60mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2) 88%。舌・口腔粘膜に乾燥を認める。右下肺野背面にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝、脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見: 血液所見: 赤血球 428万、Hb 11.9g/dl、Ht 30%、白血球 11,200(桿状核+分葉核好中球78%、好酸球1%、好塩基球1%、単球8%、リンパ球12%)、血小板35万。血液生化学所見:総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 3.5g/dl、尿素窒素 25mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 27IU/l、ALT 25IU/l、LD 250IU/l(基準176-353)。CRP 8.1mg/dl。胸部エックス線写真(別冊No.3A)と喀痰のGram染色標本(別冊No.3B)とを別に示す。



  • 初期治療として適切なのはどれか.


[正答]


※国試ナビ4※ 104F027]←[国試_104]→[104F029

セフタジジム」

  [★]

ceftazidime, CAZ
Fortaz, Ceptaz, Tazicer, Taxidimeセパダシンモダケミンモダシンモベンゾシン
セファロスポリン系抗菌薬
  • βラクタム系抗菌薬

抗菌スペクトル

効果・効能

モダシン静注用

適応菌種

  • 本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、シュードモナス属、緑膿菌、バークホルデリア・セパシア、ステノトロホモナス(ザントモナス)・マルトフィリア、アシネトバクター属、ペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属、プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く)

適応症

  • 敗血症、感染性心内膜炎、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、腹膜炎、胆嚢炎、胆管炎、肝膿瘍、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、化膿性髄膜炎、中耳炎、副鼻腔炎



腸球菌属」

  [★]

Enterococcus
Enterococcusエンテロコッカス
腸球菌腸球菌属Enterococcus属、エンテロコックス、エンテロコッカス属、エンテロコックス属


概念

腸球菌属



セフォペラゾン」

  [★]

cefoperazone CPZ
cefoperazonum
cefoperazone sodium セフォペラゾンナトリウム
CEFOBIDスペルゾンスルタムジンスルペゾールスルペラゾンセフォセフセフォビッドセフォペラジンセフォンセフロニックナスパルンバクフォーゼワイスタール
セファロスポリン系抗菌薬
  • βラクタム系抗菌薬

抗菌スペクトル



セフトリアキソン」

  [★]

ceftriaxone, CTRX
セフトリアキソンナトリウム ceftriaxone sodium
Rocephinセフィロームセフキソンセロニードリアソフィンロセフィンロゼクラート
抗菌薬
  • first aid step1 2006 p.140,168,173
  • βラクタム系抗菌薬





ペニシリン系抗菌薬」

  [★]

ペニシリン系抗生物質 penicillin antibiotics
抗菌薬βラクタム系抗菌薬ペニシリン


構造

  • 骨格:penam
  • 側鎖のついたβ-ラクタム環を含むチアゾリジン環

ペニシリン系抗菌薬


抗菌薬」

  [★]

antibacterial drug, antibacterial
抗生剤薬理学抗菌薬一覧抗細菌薬
first aid step 1 2006 p.165

定義

  • 細菌/微生物に静菌作用、殺菌作用を示す物質。結果として、人において病原性を除去する目的で使用される。
  • このうち、微生物によって産生される物質を抗生物質と呼ぶ


作用機序による分類

first aid step 1 2006 p.165
  Mechanism of action Drugs
1 Block cell wall synthesis by inhibition of peptidoglycan cross-linking penicillin, ampicillin, ticarcillin, piperacillin, imipenem, aztreonam, cephalosporins
2 Block peptidoglycan synthesis bacitracin, vancomycin, cycloserine
3 Disrupt bacterial/fungal cell membranes polymyxins
4 Disrupt fungal cell membranes amphotericin B, nystatin, fluconazole/azoles
5 Block nucleotide synthesis sulfonamides, trimethoprim
6 Block DNA topoisomerases quinolones
7 Block mRNA synthesis rifampin
8 Block protein synthesis at 50S ribosomal subunit chloramphenicol, erythromycin/macrolides, lincomycin, clindamycin, streptogramins (quinupristin, dalfopristin), linezolid
9 Block protein synthesis at 30S ribosomal subunit aminoglycosides, tetracyclines, spectinomycin
 ATuSi → あつし


薬物動態

  • 濃度依存性:アミノグリコシド系抗菌薬、ニューロキノロン系抗菌薬
  • 時間依存性:βラクタム系抗菌薬

治療期間

小児

尾内一信 ; 第 39 回日本小児感染症学会教育講演 2 小児感染症の抗菌薬療法 -耐性菌時代の適正使用-
感染臓器・臨床診断 原因菌 投与期間(抗菌薬)
髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
肺炎球菌 10-14日
髄膜炎菌 7-10日
GBS,腸内細菌,リステリア 21日
中耳炎 <2 歳 10日
2 歳≦ 5-7日
咽頭炎 A 群連鎖球菌 10日(ペニシリン系薬)
5日(セフェム系薬)
肺炎 肺炎球菌,インフルエンザ菌 解熱後3-4日
黄色ブドウ球菌 3-4週間
マイコプラズマ,クラミジア 10-21日
腎臓、膀胱炎、腎盂腎炎 大腸菌,プロテウス,腸球菌 3日
14日
骨髄炎 黄色ブドウ球菌 21日
連鎖球菌,インフルエンザ菌 14日

主要な感染症の抗菌薬投与期間

感染レジマニュ p.27
骨髄炎 4-6週
耳鼻咽喉 中耳炎 5-7日
副鼻腔炎 5-14日
A群溶連菌咽頭炎 10日
肺炎 肺炎球菌 7-10日 or 解熱後3日間
インフルエンザ菌 10-14日
マイコプラズマ 14日(7-10日)
レジオネラ 21日
肺化膿症 28-42日
心臓 感染性心内膜炎 α連鎖球菌 2-4週
黄色ブドウ球菌 4-6週
消化管 腸炎 赤痢菌 3日
チフス 14日(5-7日)
パラチフス
腹膜炎 特発性 5日
二次性 10-14日
胆肝膵 肝膿瘍 細菌性 4-8週
アメーバ性 10日
尿路 膀胱炎 3日
急性腎盂腎炎 14日(7-10日)
急性腎盂腎炎・再発 6週
慢性前立腺炎 1-3ヶ月
髄腔 髄膜炎 インフルエンザ菌 7-10日
髄膜炎菌
肺炎球菌 10-14日
リステリア 21日
敗血症 敗血症 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 5-7日
黄色ブドウ球菌 28日(14日)
グラム陰性桿菌 14日(7-14日)
カンジダ 血液培養陰性化後, 14日

ソース不明

妊婦に避けるべき抗菌薬

  • Antibiotics to avoid in pregnancy
  • Sulfonamides––kernicterus.
  • Aminoglycosides––ototoxicity.
  • Fluoroquinolones––cartilage damage.
  • Erythromycin––acute cholestatic hepatitis in mom
(and clarithromycin––embryotoxic).
  • Metronidazole––mutagenesis.
  • Tetracyclines––discolored teeth, inhibition of bone growth.
  • Ribavirin (antiviral)––teratogenic.
  • Griseofulvin (antifungal)––teratogenic.
  • Chloramphenicol––“gray baby.”
  • SAFE Moms Take Really Good Care.

使っても良い

YN.H-24
  • βラクタム系
  • エリスロマイシン、アジスロマイシン

参考

  • 抗菌薬インターネットブック
まとまっていてよい
[display]http://www.antibiotic-books.jp

抗菌薬一覧

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



抗菌」

  [★]

antibacterialantimicrobialantibiotic
抗菌剤抗菌性抗菌的抗菌薬抗生剤抗生物質


ラクタム」

  [★]

lactam
ラクタム系
  • 環状アミド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡