αBクリスタリン

出典: meddic

和文文献

  • αBクリスタリンの構造生物学的研究 (京都大学原子炉実験所第44回学術講演会報文集)
  • 森田 有哉,清水 健一,森本 幸生 [他]
  • 京都大学原子炉実験所学術講演会報文集 44, 145-149, 2010-01
  • NAID 40016957507

関連リンク

遅筋の不活動性萎縮で減少するαB-クリスタリン と 3つの細胞骨格 αB-クリスタリンと細胞骨格:αB-クリスタリンがお世話する相手: デスミン・コネクチン・アクチン・チューブリン・MAPs・ミオシン αB coated
αB-クリスタリンの構造依存的ダイナミクスと機能 αB-クリスタリンの発現の多い筋芽細胞では,細胞骨格の一つであるチューブリン/微小管と局在が見事に一致する(表紙)。αB-クリスタリンの発現の高い遅筋の抽出液の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事リン」「B」「リス」「クリスタリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B

リス」

  [★]

squirrel
シマリスリス科ジリス属プレーリードッグ


クリスタリン」

  [★]

()
crystallin





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡