α2-マクログロブリン

出典: meddic

alpha 2-macroglobulin
α2マクログロブリン


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ラットのα2-マクログロブリン産生におけるIL-6およびCINC-1の影響
  • HONJO Toshio,KURIBAYASHI Takashi,SEITA Tetsurou,MOKONUMA Yui,YAMAGA Ayaka,YAMAZAKI Shunsuke,YAMAMOTO Shizuo
  • Experimental Animals 59(5), 589-594, 2010
  • … We investigated the effects of interleukin-6 (IL-6) and cytokine-induced neutrophil chemoattractant-1 (CINC-1) on α2-macroglobulin (α2M) production in rats. … Sexual dimorphism was observed in the peak levels of α2M after injection of IL-6-, CINC-1-, or a mixture of IL-6-and-CINC-1-rich fractions. …
  • NAID 130000419253
  • 蛋白関係 α2-マクログロブリン(α2M) (広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版・1)その数値をどう読むか) -- (生化学的検査(1))

関連リンク

α2-マクログロブリン(α2-M)の機能はトリプシン,キモトリプシン,エラスターゼ,トロンビン などの蛋白分解酵素(プロテアーゼ)と結合して複合体を形成し,血中から短時間のうちに 除去することにより酵素機能の不活性化に作用するプロテアーゼ・インヒビターの一つで ...
三菱化学メディエンス株式会社. トップ >> 検査項目解説 >> α2マクログロブリン. 検査 項目解説. 掲載内容は、2012年10月時点の情報です ... 入力コード, 00241. 項目名, α 2マクログロブリンα2-macroglobulin. 保険点数. 140. 血液. 健康保険名称, α2-マクロ ...

関連画像

共用試験対策シリーズ 第6巻 共用試験対策シリーズ 第6巻 タンパク質電気泳動ゲルの


★リンクテーブル★
先読みα2マクログロブリン」「alpha 2-macroglobulin
リンク元蛋白分画
拡張検索α2-マクログロブリン受容体」「α2-マクログロブリンレセプター
関連記事グロブリン」「リン」「マクログロブリン」「ログ」「ロブ

α2マクログロブリン」

  [★]

α2-macroglobulin, α2-M


  • 分子量 725 kDa
  • ホモ4量体
  • 各種プロテアーゼの非特異的インヒビター
  • 急性期反応タンパク質の一種
  • 主に肝臓で合成される。
  • α2グロブリン


alpha 2-macroglobulin」

  [★]

α2マクログロブリン

alpha-macroglobulin


蛋白分画」

  [★]

protein fractionation, PR-F
血清蛋白分画 血清タンパク分画 serum protein fractionation serum protein fraction
  • 表:(血漿蛋白)LAB.473 「蛋白分画.xls」


概念

  • 血清蛋白は電気泳動法により分画すると、易動度の大きい順にアルブミン、α1、α2、β, γグロブリンの5分画に分かれる。これらの分画が蛋白分画と呼ばれる?

Alb

α1分画

α2分画

β分画

β-γ分画

血漿蛋白分画では出現する。

γ分画

  • IgG(150kDa)

血漿蛋白分画

LAB.474
分画 蛋白質 分子量
プレアルブミン トランスサイレチン 55 kDa
アルブミン アルブミン 66.5 kDa
α1 α1-酸性糖タンパク 40 kDa
α1-アンチトリプシン 54 kDa
α1-リポ蛋白 13-36x10^4 kDa
Gc-グロブリン 54 kDa
α1-α2 セルロプラスミン 132 kDa
α2 α2-マクログロブリン 725 kDa
ハプトグロビン 100-400kDa
pre βリポ蛋白(VLDL) 19.6x10^6 kDa
β βリポ蛋白(LDL) 2-3x10^6 kDa
トランスフェリン 79.6 kDa
ヘモペキシン 57 kDa
C3 180 kDa
C4 210 kDa
β~γ フィブリノゲン 334 kDa
γ IgG 160 kDa
IgA 160 kDa
SIgA(2IgA+SC+J) 385 kDa
IgM 971 kDa
CRP ~120kDa


基準値

泳動の方向 分画 出典不明 2007年後期血液 覚えやすく
アルブミン 60.5-73.2% 4.9- 5.1 g/dL 60-70% 65%
α1グロブリン 1.7-2.9% 0.11-0.23 g/dL 2-3% 2.5%
α2グロブリン 5.3-8.8% 0.38-0.73 g/dL 5-10% 7.5%
βグロブリン 6.4-10.4% 0.58-0.62 g/dL 7-12% 10%
γグロブリン 11-21.1% 1.15-1.25 g/dL 10-20% 15%

疾患と蛋白分画の変化


α2-マクログロブリン受容体」

  [★]

alpha 2-macroglobulin receptor
α2マクログロブリン受容体α2マクログロブリンレセプターα2-マクログロブリンレセプター


α2-マクログロブリンレセプター」

  [★]

alpha 2-macroglobulin receptor
α2マクログロブリン受容体α2-マクログロブリン受容体α2マクログロブリンレセプター

グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





マクログロブリン」

  [★]

macroglobulin


ログ」

  [★]

log
記録対数

ロブ」

  [★] ロキソプロフェン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡