α2-プラスミンインヒビター

出典: meddic

α2-PI


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 凝固・線溶検査 (関節リウマチ(第2版)--寛解を目指す治療の新時代) -- (関節リウマチの検査・診断)
  • α2-プラスミンインヒビター (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・2)その数値をどう読むか) -- (血液凝固・線溶系検査)
  • 出血傾向へのアプローチ
  • 加藤 淳
  • 日本内科学会雑誌 98(7), 1562-1568, 2009-07-10
  • … ,凝固・線溶系,または両方の異常により生じるが,迅速な診断,対応が必要である.スクリーニング検査としては,血小板数,プロトロンビン時間,活性化部分トロンボプラスチン時間でほぼ十分であるが,これらに異常がない場合は出血時間,XIII因子,α2-プラスミンインヒビター,プラスミノゲンアクチベーターインヒビター-1活性,またDICが疑われる場合はフィブリノゲン,FDPを測定する. …
  • NAID 10025192880

関連リンク

α2プラスミンインヒビター抗原量, α2PIAG(α2 Plasmin Inhibitor antigen) 外注会社:LSIM(平成26年4月1日より社名変更、平成19年4月1日より社名変更MCM、平成18年4月1日よりMBCで契約) 臨床的意義 α2-プラスミンインヒビター ...
プラスミノーゲン、α2プラスミンインヒビター・プラスミン複合体(PICテスト) 検査方法: 発色性合成基質法 基準値: 85~115(%) 所要日数: 2~4 実施料: 134点 判断料: 血液学的検査判断料125点 区分: D006(16) レセプト名: 3.2 % ...

関連画像

血液・骨髄・リンパ系/血小板 血液・呼吸器内科のお役立ち イソ酵素 に関する技術一覧血液・呼吸器内科のお役立ち 血液・骨髄・リンパ系/血小板 第1土曜特集 DIC──診断・治療

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
先読みα2-PI
拡張検索α2-プラスミンインヒビター欠乏症」「プラスミン-α2-プラスミンインヒビター複合体
関連記事プラスミン」「プラスミンインヒビター

α2-PI」

  [★] α2プラスミンインヒビター


α2-プラスミンインヒビター欠乏症」

  [★]

α2-plasmin inhibitor deficiency
Miyasato disease???、α2-プラスミンインヒビター


プラスミン-α2-プラスミンインヒビター複合体」

  [★]

plasmin-α2 plasmin inhibitor complex PIC
プラスミンインヒビター


プラスミン」

  [★]

plasmin
フィブリノリジン fibrinolysin線維素溶解酵素 フィブリン溶解酵素
フィブリノゲン


  • プラスミノゲンから活性化因子の作用によりプラスミンが生成される。
  • 血餅を構成するフィブリンに作用し、これを分解する
  • 血漿中に常時存在するα2-アンチプラスミンによりプラスミンの作用が失われる。

臨床関連


プラスミンインヒビター」

  [★] α2プラスミンインヒビター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡