α2マクログロブリン受容体

出典: meddic

alpha 2-macroglobulin receptor
ア・リ・蛋白E受容体、LDL受容体関連タンパク質1α2-マクログロブリン受容体α2マクログロブリンレセプターα2-マクログロブリンレセプター

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • AFMによる細胞表面のα_2マクログロブリン受容体研究
  • 伊東 有道,猪飼 篤
  • 生物物理 38(Supple 2), S48, 1998-09-07
  • NAID 110001153115
  • LRP(α2マクログロブリン受容体)とアルツハイマ-病変 (特集 遺伝子疾患としてアルツハイマ-病を捉える)
  • 秋山 治彦,遠山 育夫
  • 蛋白質核酸酵素 41(10), 1470-1475, 1996-08
  • NAID 40002332793

関連リンク

1998年3月15日 ... しかしながら、タイプ1RIPは、液相エンドサイトーシスで細胞内への侵入が可能であり、 また、Saponaria officinalisから得たsaporinの場合では、ヒト細胞表層上のα2-マクロ グロブリン受容体に結合することにより、細胞質内に取り込まれること ...


★リンクテーブル★
リンク元アポリポ蛋白E受容体」「α2-マクログロブリン受容体」「alpha 2-macroglobulin receptor」「α2-マクログロブリンレセプター」「α2マクログロブリンレセプター
関連記事受容体」「グロブリン」「リン」「受容」「

アポリポ蛋白E受容体」

  [★]

apolipoprotein E receptorapoE receptor
ア・リ・蛋白Eレセプター、apoE受容体、ア・E受容体、ア・Eレセプター、apoEレセプター、ア・リ・タンパク質Eレセプター、ア・リ・タンパク質E受容体、LDL受容体関連タンパク質1α2マクログロブリン受容体

α2-マクログロブリン受容体」

  [★]

alpha 2-macroglobulin receptor
α2マクログロブリン受容体α2マクログロブリンレセプターα2-マクログロブリンレセプター

alpha 2-macroglobulin receptor」

  [★]

apoE receptorapolipoprotein E receptorLDL-receptor related protein 1

α2-マクログロブリンレセプター」

  [★]

alpha 2-macroglobulin receptor
α2マクログロブリン受容体α2-マクログロブリン受容体α2マクログロブリンレセプター

α2マクログロブリンレセプター」

  [★]

alpha 2-macroglobulin receptor
α2マクログロブリン受容体α2-マクログロブリン受容体α2-マクログロブリンレセプター

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡