α2マクログロブリン

出典: meddic

α2-macroglobulin, α2-M


  • 分子量 725 kDa
  • ホモ4量体
  • 各種プロテアーゼの非特異的インヒビター
  • 急性期反応タンパク質の一種
  • 主に肝臓で合成される。
  • α2グロブリン


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大腸癌スクリーニング, サーベイランスのトピックス
  • 平田 一郎
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(7), 987-993, 2007-07-05
  • … ,腸内細菌による変性を受けやすく偽陰性化がおこりやすい.また,このために感度を上げると偽陽性が増え特異度に問題が生じる.スクリーニングの精度向上のために,Hb以外の便中マーカー(Tf, Lf, α2マクログロブリン,COX-2, DAF,癌関連遺伝子など)が検討されている.また,MD-CTによるcolonographyも侵襲度が少なく,FOBTより精度が高く大腸以外の臓器も含めた癌スクリーニングができるため,その利用が期待されてい …
  • NAID 10019818729
  • C-10 前立腺特異抗原(PSA)におけるα2マクログロブリン(α2MG)の影響に関する検討(第四報)(一般口演,第30回杏林医学会総会)
  • 平林 庸司,塚田 裕,脇坂 晟
  • 杏林医学会雑誌 33(1), 77, 2002-03-30
  • NAID 110007376263

関連リンク

α2-マクログロブリン(α2-M)の機能はトリプシン,キモトリプシン,エラスターゼ,トロンビンなどの蛋白分解酵素(プロテアーゼ)と結合して複合体を形成し,血中から短時間のうちに除去することにより酵素機能の不活性化に作用する ...
検体量 血清 0.3mL 採取容器 A1 保存条件 冷蔵 所要日数 4~7 検査方法 ネフェロメトリー法 基準値 男:100~200 女:130~250 mg/dL 実施料 138点 判断料 血液学的検査(125点) 保険収載名 α2-マクログロブリン
α2-マクログロブリン 各検査項目がどのような目的で用いられているかを示します。 ネフローゼ症候群では,蛋白を喪失する一方で,肝での蛋白合成が高まる.多くの蛋白は腎排泄のほうが上回り,血中濃度は低下してしまうが,α 2 ...

関連画像

蛋白分画の異常例30人分検体(左陽極 :α2-マクログロブリン


★リンクテーブル★
リンク元α2グロブリン」「αマクログロブリン」「α2-マクログロブリン」「alpha 2-macroglobulin
拡張検索α2マクログロブリン受容体」「α2マクログロブリンレセプター」「妊娠関連α2マクログロブリン
関連記事グロブリン」「リン」「マクログロブリン」「ログ」「ロブ

α2グロブリン」

  [★]

α2-globulin, α2-Gl
α2-グロブリン
グロブリン


  • 血清蛋白分画

成分

異常値と疾患

  • 増加
  • ハプトグロビンとセルロプラスミンは急性期蛋白
  • α2マクログロブリン:ネフローゼ症候群で上昇。分子量725 kDaのホモ四量体であり、相対的にα2グロブリン分画が増加
  • 減少
  • 重症肝疾患ではハプトグロビンとセルロプラスミン
  • 溶血性疾患ではハプトグロビン,ウィルソン病ではセルロプラスミン


αマクログロブリン」

  [★]

alpha-macroglobulin
α2マクログロブリンα-マクログロブリン


α2-マクログロブリン」

  [★]

alpha 2-macroglobulin
α2マクログロブリン


alpha 2-macroglobulin」

  [★]

α2マクログロブリン

alpha-macroglobulin


α2マクログロブリン受容体」

  [★]

alpha 2-macroglobulin receptor
ア・リ・蛋白E受容体、LDL受容体関連タンパク質1α2-マクログロブリン受容体α2マクログロブリンレセプターα2-マクログロブリンレセプター


α2マクログロブリンレセプター」

  [★]

alpha 2-macroglobulin receptor
α2マクログロブリン受容体α2-マクログロブリン受容体α2-マクログロブリンレセプター

妊娠関連α2マクログロブリン」

  [★]

pregnancy-associated alpha 2-macroglobulin


グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





マクログロブリン」

  [★]

macroglobulin
  • α2マクログロブリン


ログ」

  [★]

log
記録対数


ロブ」

  [★] ロキソプロフェン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡