α2プラスミンインヒビター

出典: meddic

α2-plasmin inhibitor, α2PI, α2-PI
α2アンチプラスミン α2-antiplasmin
[[]]



-α2-PI


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • プラスミン・α2プラスミンインヒビター複合体(PIC) (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・2)その数値をどう読むか) -- (血液凝固・線溶系検査)
  • プロテインC欠乏症を合併した修正大血管転位症に対する三尖弁置換術
  • 篠原 玄,橋本 和弘,坂本 吉正,奥山 浩,花井 信,井上 天宏,中村 賢
  • 日本心臓血管外科学会雑誌 36(4), 193-197, 2007-07-15
  • … 20歳男性に対しCarpentier-Edwards牛心膜弁により人工弁置換術を施行した.周術期はヘパリンで厳格な抗凝固療法を行い,その後ワーファリンへの移行を行った.血液検査上,ワーファリン移行時に一過性のα2プラスミンインヒビター・プラスミン複合体(PIC),トロンピン・アンチトロンビンIII複合体(TAT)の上昇がみられた.これに対してヘパリンの増量を行ったがAPTTの十分な延長が得られず,潜在的凝固優位状態が示唆された.しか …
  • NAID 110006343633

関連リンク

プラスミノーゲン、α2プラスミンインヒビター・プラスミン複合体(PICテスト) 検査方法: 発色性合成基質法 基準値: 85~115(%) 所要日数: 2~4 実施料: 136点 判断料: 血液学的検査判断料125点 区分: D006(16) レセプト名: 3.2 % ...
α2プラスミンインヒビター抗原量, α2PIAG(α2 Plasmin Inhibitor antigen) 外注会社:LSIM(平成26年4月1日より社名変更、平成19年4月1日より社名変更MCM、平成18年4月1日よりMBCで契約) 臨床的意義 α2-プラスミンインヒビター ...

関連画像

血液・呼吸器内科のお役立ち 2012年2月24日に当院でICU看護師 イソ酵素 に関する技術一覧線溶系亢進の指標: ・α2 組織因子(TF)の作用によって 共用試験対策シリーズ 第6巻


★リンクテーブル★
リンク元α2PI」「α2-PI
拡張検索プラスミン・α2プラスミンインヒビター複合体
関連記事プラスミン」「プラスミンインヒビター

α2PI」

  [★] α2プラスミンインヒビター


α2-PI」

  [★] α2プラスミンインヒビター


プラスミン・α2プラスミンインヒビター複合体」

  [★]

plasmin α2-plasmin inhibitor complex, PIC, plasmin inhibitor complex
[[]]
プラスミン + α2プラスミンインヒビター(α2-PI)
  • プラスミン活性阻害
  • 基準値:(血漿)0.8 μg/mL以下
  • 線溶反応亢進の指標 ← 非常に鋭敏で特異性の高い検査
  • 血漿レベルの上昇 → プラスミンの生成、線溶系の活性化


プラスミン」

  [★]

plasmin
フィブリノリジン fibrinolysin線維素溶解酵素 フィブリン溶解酵素
フィブリノゲン


  • プラスミノゲンから活性化因子の作用によりプラスミンが生成される。
  • 血餅を構成するフィブリンに作用し、これを分解する
  • 血漿中に常時存在するα2-アンチプラスミンによりプラスミンの作用が失われる。

臨床関連


プラスミンインヒビター」

  [★] α2プラスミンインヒビター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡