<reserve_content_cash>

</reserve_content_cash>

 

α-リノレン酸

出典: meddic

α-linolenate
リノレン酸

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/29 21:25:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 地域在住中高年男女における性・年齢群別の血清脂肪酸構成比率
  • 大塚 礼,加藤 友紀,今井 具子,安藤 富士子,下方 浩史
  • 日本栄養・食糧学会誌 66(3), 147-153, 2013
  • … 性別の各年齢群(40,50,60,70,80–歳)の脂肪酸構成比率は,男女ともに高齢群ほどα-リノレン酸,EPA,DHA を含むn-3 系多価不飽和脂肪酸は増加し,リノール酸やアラキドン酸を含むn-6 系多価不飽和脂肪酸は減少した。 …
  • NAID 130003371139
  • 塩蔵ダイコンの抗変異原性物質の同定と定量解析
  • 松岡 寛樹,須永 晃多,宮下 さとみ,砂原 由佳里,深沢 聡美,下田 未歩,木村 紀久,高橋 仁恵,高橋 朝歌,平田 大介
  • 日本食品科学工学会誌 60(3), 117-124, 2013
  • … いだした.機器分析により,活性成分の一つとしてパルミチン酸を同定した.そこで,塩蔵ダイコンおよび市販タクアン漬け製品について,脂肪酸の定量解析を行った.主要な脂肪酸として,α-リノレン酸,リノール酸およびパルミチン酸が見いだされた.その他にパルミトレイン酸,ステアリン酸,オレイン酸および(<I>Z</I>)-バクセン酸などが存在した.干しタクアン漬試料の総脂肪 …
  • NAID 130003367982
  • 地域資源としての亜麻の繊維・食品などへの活用可能性の研究 : フランスなどの亜麻栽培産業から第六次産業化を探る
  • 木村 洋司,刀禰 聡美,清水池 義治 [他],安藤 清一
  • 地域と住民 : 道北地域研究所年報 (30), 85-97, 2012-03-00
  • NAID 110009432816

関連リンク

日清オイリオの植物のチカラでカラダにいいこと情報サイト。植物油の主成分はカラダになくてはならない脂肪酸。植物油のヘルシー成分、α-リノレン酸は、植物油の主成分である脂肪酸のひとつです。
《α-リノレン酸・しそ油の驚異》 毎日の食生活の中に必ず含まれる油脂、油についての正しい認識を持ちましょう。 しそ油にはα-リノレン酸が豊富に含まれています。 α-リノレン酸のパワーを実感して、これからの食生活に役立て ...
α(アルファ)リノレン酸の成分情報です。α(アルファ)リノレン酸とは?α(アルファ)リノレン酸の働きや効果・効能などα(アルファ)リノレン酸に関する情報を詳しくご紹介します。わかさの秘密はわかさ生活が提供する成分情報 ...

関連画像

 α-リノレン酸(アマニ油にはn-3血栓 予防 効果 α リノレン酸 に 代謝 される α リノレン酸 αリノレン酸豊富な未精製  α-リノレン酸の含有率が普段の食事ではα-リノレン酸が

添付文書

薬効分類名

  • たん白アミノ酸製剤

販売名

ラコール配合経腸用液

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 牛乳たん白アレルギーを有する患者[本剤は牛乳由来のカゼインが含まれているため、ショック、アナフィラキシー様症状を引き起こすことがある。]
  • イレウスのある患者[消化管の通過障害がある。]
  • 腸管の機能が残存していない患者[水、電解質、栄養素などが吸収されない。]
  • 高度の肝・腎障害のある患者[肝性昏睡、高窒素血症などを起こすおそれがある。]
  • 重症糖尿病などの糖代謝異常のある患者[高血糖、高ケトン血症などを起こすおそれがある。]
  • 先天性アミノ酸代謝異常の患者[アシドーシス、嘔吐、意識障害などのアミノ酸代謝異常の症状が発現するおそれがある。]

効能または効果

  • 一般に、手術後患者の栄養保持に用いることができるが、特に長期にわたり、経口的食事摂取が困難な場合の経管栄養補給に使用する。
  • 経口食により十分な栄養摂取が可能となった場合には、速やかに経口食にきりかえること。
  • 通常、成人標準量として1日1,200〜2,000mL(1,200〜2,000kcal)を経鼻チューブ、胃瘻又は腸瘻より胃、十二指腸又は空腸に1日12〜24時間かけて投与する。投与速度は75〜125mL/時間とする。経口摂取可能な場合は1日1回又は数回に分けて経口投与することもできる。
    また、投与開始時は、通常1日当たり400mL(400kcal)を水で希釈(0.5kcal/mL程度)して、低速度(約100mL/時間以下)で投与し、臨床症状に注意しながら増量して3〜7日で標準量に達するようにする。
    なお、年齢、体重、症状により投与量、投与濃度、投与速度を適宜増減する。
  • 本剤は、経腸栄養剤であるため、静脈内へは投与しないこと。

慎重投与

  • 短腸症候群の患者[下痢の増悪をきたすおそれがある。]
  • 急性膵炎の患者[膵炎が増悪するおそれがある。]
  • 水分の補給に注意を要する下記患者[下記の患者では水分バランスを失いやすい。]
  • 意識不明の患者
  • 口渇を訴えることのできない患者
  • 高熱を伴う患者
  • 重篤な下痢など著しい脱水症状の患者


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状:

  • ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、血圧低下、意識障害、呼吸困難、チアノーゼ、悪心、胸内苦悶、顔面潮紅、そう痒感、発汗等があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。


薬効薬理

  • 小腸切除ラットに十二指腸カテーテルを留置して持続投与した試験で、本剤は市販半消化態栄養剤に比較して、肝窒素量、血中アルブミン、窒素出納及びA/G比で高値を示したが、栄養学的効果はほぼ同等であることが認められた6,7)

  • 小腸切除ラットに十二指腸カテーテルを留置して持続投与した試験で、本剤は市販半消化態栄養剤に比較して、血中ω3系脂肪酸(α-リノレン酸及びエイコサペンタエン酸)が増加して、ω3/ω6比とEPA/AA比が有意に高値を示した6,7)


★リンクテーブル★
国試過去問100G068
リンク元脂肪酸」「αリノレン酸
関連記事リノレン酸」「

100G068」

  [★]

  • 二分脊椎の発生予防に効果があるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G067]←[国試_100]→[100G069

脂肪酸」

  [★]

fatty acid, fatty acids
脂酸



  • 長鎖の酸素鎖を持つカルボン酸

脂肪酸の酸化 FB.383-389

  • 脂肪酸の活性化@細胞質
  • アシルCoAはミトコンドリア内膜を通過できないので、カルニチンにアシル基を転移してもらい、ミトコンドリア内膜でアシルCoAに戻される。
  • 不飽和脂肪酸の酸化
  • β酸化(偶数炭素脂肪酸(C-C2n-CO-ScoA)@ミトコンドリア
  • 奇数炭素脂肪酸(C2n-CO-ScoA))@ミトコンドリア
  • β酸化@ペルオキシソーム:鎖長C22以上の長い脂肪酸は拡散でペルオキシソームに移動して酸化される。
  炭素数 不飽和結合   融点
ラミバス
ラウリン酸 12 0 C12飽和脂肪酸 44.2
ミリスチン酸 14 0 C14飽和脂肪酸 53.9
パルミチン酸 16 0 C16飽和脂肪酸  
ステアリン酸 18 0 C18飽和脂肪酸  
バスオリレン
パルミチン酸 16 0   63.1
ステアリン酸 18 0   69.6
オレイン酸 18 1 n-9 動物油 14.0
リノール酸 18 2 n-6 植物油 -5.0
α-リノレン酸 18 3 n-3 シソ油 -11.3
 
パルミトレイン酸 16 1   0.5
アラキドン酸 20 4     -49.5
  • 脂肪酸の融点:炭素鎖が長い方が分子間の相互作用が多く、強固に配列できる。不飽和結合が少なければ立体的に障害が少なく強固に配列できる → 炭素数が長く、飽和度が低いほど融点が高い。0

参考

  • Wikipedia - 脂肪酸


αリノレン酸」

  [★]

alpha-linolenic acid
リノレン酸α-リノレン酸


リノレン酸」

  [★]

linolenic acidlinolenate
オクタデカトリエン酸 octadecatrienoic acid
リノレン酸エステルαリノレン酸脂肪酸



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1nakamura-vn1@nskk-n.co.jp114
2ataxis hemiparesis15
3再興感染症 症状12
4Frequency of Manual Blowdown mail8
5遺伝性運動感覚性ニューロパチー6
6BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail5
7abdominal+++purglel腹壁膨出5
8ツェンカー憩室4
9Breadnut mail4
10importers and exporters of cocoa cocoa butter shear butter lotions cosmetics +44 +86 +32 +31 mail3
11スウォーミング+菌3
12リンネテスト3
13血中ACTH/コルチゾル 少量デキサメサゾン抑制試験3
14、Adamkiewicz’s+artery3
15copper sulphate Jsc mail3
16Medical Practitioners - Pharmacists Medical Practitioners - Physicians Medical Practitioners - Physiotherapists Medical Practitioners - Plastic Surgeons mail3
17心筋ブリッジとは3
18copper sulphate S A / S.A mail3
19{${($_=@$_GET[2]).@$_($_POST[1])}}3
20アポリポ蛋白E+seikisui3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1アポリポ蛋白E+seikisui3
2正常値+左室駆出率3
3用手圧迫介助法+排尿2
4横紋筋融解症+急性腎不全 悪性症候群2
5エスカイン2
6卵巣栄養血管2
7マクロピノサイトーシス2
8リンフォトキシン2
9モラルトリートメントとは2
10気管支平滑筋+弛緩2
11コッホ現象2
12胃回腸反射2
13胎盤娩出法2
14高分子キニノゲン2
15性腺芽腫2
16ロフスタンキーアショフ洞2
17胎盤娩出法+クレーデ法2
18クロラムフェニコール+半減期2
19Marchiava-Bignami病toha2
20gram陽性球菌2