α-トコフェロール転移蛋白質

出典: meddic

α-tocopherol transfer protein, αTTP


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

2012年4月10日 ... Ttpa–/–マウスは遺伝的ビタミンE欠乏症のモデルであり、血漿由来のα-トコフェロール の再利用リサイクルを助ける肝臓タンパク質であるα-トコフェロール転移タンパク質(α- TTP)が欠損している。Fujitaらは、野生型マウスに比べ、Ttpa–/– ...
(タンパク質-ヒスチジンキナーゼ); 2.7.14 EC 2.7.99.-(その他のキナーゼ). 2.8 EC.2.8.-( 硫黄を含む基を移すもの). 2.8.1 EC 2.8.1.-(スルフルトランスキナーゼ類); 2.8.2 EC 2.8.2.-(スルホトランスキナーゼ類); 2.8.3 EC 2.8.3.-(CoA転移酵素); 2.8.4 EC 2.8.4.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元α-tocopherol transfer protein
関連記事蛋白質」「トコフェロール」「転移」「白質」「

α-tocopherol transfer protein」

  [★] α-トコフェロール転移蛋白質


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








トコフェロール」

  [★]

tocopheroltocopherol acetatetocopherol nicotinatetocopherol calcium succinate
ニコチン酸トコフェロール tocopherol nicotinateコハク酸トコフェロールカルシウム tocopherol calcium succinate、[[]] tocopherol acetate
ベクタンユベラ、(トコフェロールニコチン酸エステル)ニコ
M.V.I.M.V.I.-12キット NEソフトVEニコチネートアゼプチンアミノレバンEN配合エセブロンエパラエルネオパ1号輸液エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッド オーツカMVゲファルナートケントンダイメジン・マルチツインラインNF配合ツインライン配合トコニジャストナーセット配合ニコ200ソフトニチEネートネオM.V.I.-9ネオパレン1号輸液ネオラミン・マルチVハイシップバナールバナールNパンビタンビタジェクトビタミンEビタミンEファンギゾン、フルカリック1号輸液、ベクタンヘパンED配合ヘモナーゼ配合マルタミンユベ-EユベラNラコールNF配合ラコール配合リバスタッチ流動パラフィン.OI
ユベラ Juvela(錠,ビタミンAとの合剤)
ビタミンE vitamin Eその他の循環器官用薬

参考

  • ニコ200ソフトカプセル
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2190006M2110_2_07/2190006M2110_2_07?view=body



転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition



白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。


質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡