α-ケトグルタル酸

出典: meddic

glutarate
α-ketoglutarate, α-ketoglutaric acid
2-オキソグルタル酸 2-oxoglutaric acid 2-oxoglutarate
TCA回路


  • α-ケト酸α-keto acidの一つで、次のような糖質やアミノ酸の代謝中間体として重要。

代謝

生合成@細胞質

  • 細胞質内でイソクエン酸脱水素酵素とNADP+により生成される。

クエン酸回路ミトコンドリア


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/08/23 00:12:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アミノ酸水酸化触媒としてのα-ケトグルタル酸依存性ジオキシゲナーゼ
  • 日比 慎,小川 順
  • バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 69(5), 384-386, 2011-09-01
  • NAID 10029466411
  • アミノ酸水酸化触媒としてのα-ケトグルタル酸依存性ジオキシゲナーゼ
  • 日比 慎,小川 順
  • バイオサイエンスとインダストリー 69(5), 384-386, 2011
  • NAID 40018979457
  • スピルリナの従属栄養培養におよぼす有機基質の影響
  • 大平 勇一,福地 渉,島津 昌光,小幡 英二
  • 化学工学論文集 35(5), 553-556, 2009-11-20
  • … ナの増殖に及ぼす有機基質の影響を実験的に検討した.有機基質として糖,有機酸,アミノ酸を用いた.スピルリナの比増殖速度はグルコースを添加した場合が最も大きくなった.しかし,スピルリナは多糖を基質として増殖することが困難であった.培養液にα-ケトグルタル酸,コハク酸,フマル酸を添加した場合,スピルリナの比増殖速度は負の値となった.実験結果から代謝経路を推定した. …
  • NAID 10027039879

関連リンク

α-ケトグルタル酸(アルファ-ケトグルタルさん、α-ketoglutaric acid)または2-オキソグルタル酸(2-oxoglutaric acid)は、グルタル酸の誘導体である2種類のケトンのうちの1つである。「ケトグルタル酸」と言えば普通α体を指す。
α-ケトグルタル酸とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 α-ケトグルタル酸とは - goo Wikipedia (ウィキペディア) gooトップ サイトマップ スタートページに設定 RSS ヘルプ メニューへ ...
栄養・生化学辞典 - α-ケトグルタル酸の用語解説 - →2-オキソグルタル酸 ... 今日のキーワード 明治日本の産業革命遺産 九州の5県と山口、岩手、静岡の計8県に点在する23資産で構成される近代日本の産業遺産群。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みglutarate
リンク元ビタミンB1」「α-ケト酸」「αケトグルタール酸」「α-ケトグルタール酸」「2-オキソグルタル酸
関連記事ケトグルタル酸」「

glutarate」

  [★]

  • グルタル酸、グルタル酸エステル、(グルタン酸のエステルもしくは塩類を指す)ルタラート
glutaric acid


ビタミンB1」

  [★]

vitamine B1
チアミン thiamine塩酸チアミン thiamine hydrochlorideビタミンB1塩酸塩アノイリン aneurine
アミグランドパレセーフビーフリード
ビタミンチアミン二リン酸 thiamine pyrophosphate チアミンピロリン酸 TPP


  • 水溶性ビタミン

機能

  • 補酵素
  • 2. TCA回路の反応
  • α-ケトグルタル酸 + CoASH + NAD+ -(α-keto glutarate dehydrogenase)→ サクシニルCoA + NADH + CO2

臨床関連


α-ケト酸」

  [★]

α-keto acid
ケト酸
2-オキソ酸
構造式 R-CO-COOH
  • (カルボン酸の場合、カルボキシ基の炭素原子に近い方の炭素からα、β、γとつけていく。だからα位にカルボニル基(carbonyl, keto)がある酸という命名 )
生体内では、不要なアミノ酸の分解の際に生成する。

R-CH(NH2)-COOH + O= → R-CO-COOH + -NH3+
  • ex.
  • ピルビン酸(CH3-CO-COOH)
  • α-ケトグルタル酸(HOOC-CH2-CH2-CO-COOH


αケトグルタール酸」

  [★]

alpha-ketoglutaric acid
α-ケトグルタール酸α-ケトグルタル酸αケトグルタル酸


α-ケトグルタール酸」

  [★]

alpha-ketoglutaric acid
αケトグルタール酸α-ケトグルタル酸αケトグルタル酸

2-オキソグルタル酸」

  [★] α-ケトグルタル酸

2-oxoglutarate


ケトグルタル酸」

  [★]

ketoglutaric acidketoglutarate
オキソグルタル酸ケトグルタール酸


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡