α/β比

出典: meddic

α/β ratio
LQモデル

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 液体アルゴンにおける発光のα-β比の測定
  • 柚木 彰
  • 早稲田大学理工学研究所報告 (113), p54-60, 1986
  • NAID 40003930750

関連リンク

α/β比: 分裂増殖細胞や腫瘍組織では10Gy前後、非分裂細胞や晩発性障害では1~ 5Gyを示すことが多い; 細胞周期と放射線感受性; M期、G2期、(G1期が長ければG1 後期)で感受性が高い; sulfhydryl複合体(-SH基を有する保護物質)の濃度がS期に ...
LQモデルでは,皮膚(皮膚炎(急性障害)と皮膚潰瘍(晩期障害))の様に,同じ組織でも 注目する障害の種類によって,線量-効果(=障害の程度)関係が変化するので,当然,α/ β値も,障害の種類によって異なる。もちろん照射される放射線の種類によっても ...

関連画像

α - D - グルコースを水に  のα:β多いのはどっち鎖状フルクトースの の部分 鎖状フルクトースの の部分 がんに関連する言葉の辞書 α線、β線、γ線の発見 (16-02-01


★リンクテーブル★
先読みLQモデル
関連記事

LQモデル」

  [★]

LQ model
直線二次式モデル linear-quadratic model


比」

  [★]

ratio
  • 分子と分母の間に全体と部分の関係がないもの。
  • 0~∞の値をとる。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡