α毒素

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スフィンゴミエリナーゼ活性を有する細菌毒素の作用機構に関する研究
  • 小田 真隆
  • 日本細菌学雑誌 66(2), 159-167, 2011
  • … ウエルシュ菌のガス壊疽の病原因子であるα毒素(Cp-SMase)は,スフィンゴミエリン(SM)とホスファチジルコリン(PC)を分解する活性を有し,致死,壊死,そして,溶血活性を示す毒素である。 …
  • NAID 130001014361
  • ウエルシュ菌α毒素によるヒツジ赤血球溶血とラフト内スフィンゴミエリン分解
  • 椎原 良太,小田 真隆,櫻井 純
  • 日本細菌学雑誌 62(1), 112, 2007-02-25
  • NAID 10019310215

関連リンク

【ベストアンサー】調べてみましたが、別のもののようです。 黄色ブドウ球菌のα毒素 α-ヘモリシン。分子量36,000。溶血毒。 ウェルシュ菌のα毒素 ホスフォリパーゼCとスフィンゴミエリナーゼ ...
黄色ブドウ球菌性α毒素 近年,多核白血球や組織マクロファージは直接ない しプロテアーゼなどの産生産物による組織障害の機序 でadult respiratory distress syndrome (ARDS)の 発症・増悪に関与していることが報告されている24)
種々の動物由来赤血球に対するClostridium septicum α毒素の溶血活性を比較検討した.反応温度の違いおよび赤血球のタンパク分解酵素処理は,α毒素に対する赤血球の感受性に影響を与えることがわかった.Proteinase K処理はマウス,イヌ ...

関連画像

百日咳毒素の構造の特徴と 网站帮助 榜上有名 发布采购 内毒素毒素; α-latrotoxin.


★リンクテーブル★
リンク元Staphylococcus aureus
関連記事毒素

Staphylococcus aureus」

  [★]

黄色ブドウ球菌
ブドウ球菌
  • first aid step1 2006 p.138

細菌学

毒素

感染症

転移性合併症

  • 心内膜炎
  • 骨髄炎

細菌学的同定法

毒原性因子

  • α毒素
  • コアグラーゼ:プロトロンビンに結合して、複合体のままトロンビン活性をを発揮させ、フィブリノゲンをフィブリンに変換する作用がある。
  • スタフィロキナーゼ:プラスミノゲンと複合体を作り、プラスミン活性を発現させ、フィブリンを分解する
  • プロテインA:IgGのFc部分に親和性を持ち抗体によるオプソニゼーションを阻害
  • ロイコシジン:白血球を死滅させる



毒素」

  [★]

toxin
内毒素外毒素
外毒素 内毒素
ポリペプチド リポ多糖体(lipopolysaccharide: LPS)
細菌細胞からの分泌 グラム陰性菌の細胞壁の外膜に存在
宿主組織内-拡散 細菌細胞の崩壊により放出
多くは熱不安定性 熱安定性
分泌部位~遠隔部位に作用 血行性に拡散しエンドトキシンショック
トキソイド化可 トキソイド化不可(毒性中心はリピドA)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡